BOB’s Cosplay Cafe

2台のGN125Hをカフェレーサー&ボバーにすべく日々カスタムに勤しむ人が運営するブログ。

GNとカフェカスタム(塗装編③)

続き。


ひたすら垂れた場所を研ぎ研ぎして、平らにしましたが、やはり急いで塗ったせいもあり、塗装の薄い部分と厚い部分が所々あり、少し後悔してます。いずれ再塗装したいなぁ〜。


気を取り直してラインを塗っていきます。

↑まずはマスキングをします。

↑塗る色はこちら。懲りずにAZの【ラバーペイント マットレッド】です。これなら飽きたり、気に入らなければ塗り直しが出来ます。

↑まずは薄く【捨て吹き】

↑5分程置いたら本吹きです。薄く塗って、5分置きを3〜4回繰り返します。ラバーペイントは厚く塗らないと剥がす時、上手く剥がせないので4回塗りました。マット感無いけど大丈夫か?しばらく放置した後【完全に乾く前】にマスキングを外します。乾いた後にマスキングを剥がそうとするとペイントごと剥がれるので気をつけましょう。

↑全部剥がしたら本体に装着。前回と同じ【白系】ですが、雰囲気がガラッと変わりました。乾燥したら無事【つや消し】になりました。

↑そうそう、ニーグリップパッドを買っておきました。ここはラインに合わせ【赤】をチョイス。

↑・・・はい、【黒】が正解っぽいです。まぁ〜しゃーない。しばらくこのまま乗ります。【SUZUKI】のエンブレムが有ったスペースが寂しいです。何かお絵描きしようかしら。

↑前から。

↑オケツから。

↑斜め後ろから。

↑斜め前から。


・・・やはり、黄色が若干強いような気がしますが、概ね想像通りの【レトロ感】溢れる仕上がりになったと思います。


これで【新生ラテオラ号】の完成です。いや〜、やっぱり塗装って難しいですわ。写真では分からないですが、自家塗装丸出しの荒い部分が多々あります。


【ブラックス号】の塗装も控えているので、今回の事を教訓に、次回はもう少し丁寧に塗りたいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。