BOB’s Cosplay Cafe

2台のGN125Hをカフェレーサー&ボバーにすべく日々カスタムに勤しむ人が運営するブログ。

GNとカスタムポイント②(ヒップアップアダプター編)

今日はもう一つカスタムしました。


ケツ上げです。


GN125 というバイクはメーカー(当時のSUZUKI)曰くアメリカンバイクだそうです。譲れないらしいです。


なのでフロント上がり、リア下りとなっております。・・・確かにアメリカンや!

↑極端な例


対してカフェレーサーはシートやフレームが地面と水平なのが好ましい。

↑ロケットカウル〜タンク〜シート全て水平。地面と平行。


ではアメリカンをカフェレーサーにするにはどうするかと言うとフロントフォークの突き出しが必須(?)となります。


私のGN【ラテオラブラックス号】は既に結構な突き出しをしていますが、元々無駄に長いフォークのお陰でまだまだ水平になっておりません。そして突き出しも限界です。


ではよりカフェに近づけるためにはどうするかというと、リアサスを上げるという方法が有ります。所謂【ケツ上げ】です。


リアサス自体を長くしてもいいのですが、既に社外品(ビンボーリンズ)が付いていますし、新しく購入するとまた金がかかるのと使わないサスが増えるので今回はヒップアップアダプターを使用。


↑5cmのヒップアップアダプター。AMAZOMで1180円也。


GNのリアサス取付穴径は12mm 。対してヒップアップアダプターは10mm。・・・削るっきゃないね。


↑穴を12mm に拡張。ただでさえ細いフレームがさらに細く。しかも強度低めのアルミ素材。◯戸製鋼製ではあるまいな?いや〜中国の謎工場よりはそっちの方が良いかも・・・。まぁ、荷重は下の分厚いところに掛かるのでOK、OK。


↑で、あれやこれやで装着。センタースタンド立ててもギリギリ役に立つかぐらいの高さになりました。


↑ちなみにそのままではセンタースタンドがタイヤと干渉しちゃうのでスタンドにL字金具をつけてます。結構長いです。そしてダサいです。要改良。


高さ比べ。

↑ビフォー

↑アフター。ケツが上がりリアタイヤとフェンダーのクリアランスがかなり広くなってます。フレームも水平に近くなってます。


GN倶楽部の方からご助言頂き、私のGNは突き出しし過ぎで危ないそうなので近く、突き出し量を減らす予定です。それはそれで色々問題が・・・。センタースタンドが地面につかなくなるとか等々。


最後に腰下の車高が高くなったのでサイドスタンド立てた状態の傾きがキツ過ぎです。コロンと言っちゃわないか心配です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。