BOB’s Cosplay Cafe

2台のGN125Hをカフェレーサー&ボバーにすべく日々カスタムに勤しむ人が運営するブログ。

GN125 とカフェレーサー

私とGNとの馴れ初めを書かずにはいられない。


免許(普通二輪)を取ったのが3年前。今齢40。という訳で私の頭の中のバイクは20年程前で止まっていました。

↑こんなバイクはシラね。


なので最初に欲しいと思ったのは頭の中に住んでいるクラシカルなバイク【エストレア】

↑エストレあん。


教習所が余り楽しめない私のモチベーションを上げるべくバイク屋巡りに。


行く先々でエストレアは「女子供の乗り物だ」と言われる。


腹いせに私の免許で乗れるデカいバイク【シャドウ400】購入。

↑250kg超えシャドゥー様。モヒカン、肩パッドが似合うクラシカルな漢気溢れるアメリカン。



遅い、重い、デカい、曲がらない。初日に押しつぶされる。早速軽く後悔。


1年程乗ってみてもイマイチバイクを楽しめない。


【格言】

アメリカンバイクを楽しめる人は真のバイク好き!!


そんな中、【カフェレーサー】と古き良き時代のバイク【GN125】の存在を知る。ググる。クソカッチョえ〜バイクがいっぱい。あの有名な黄色い機体や私がパクった・・・もとい参考にしたガンファイターシートを積んだあの赤い機体等々。


もう買わずにはいられない。


あまつさえ私の住んでいる場所は愛知県西部。当時ここにはGNの聖地【エグゼ】という店があったでは有りませんか。神様が買えと言ってくれました。で買いました。【エグゼ】潰れました。馴れ初め終わり。


実はGN、骨格がカフェ向きじゃ有りません。カフェにしようとするとシート選びで挫折を味わいます。他に簡単にカフェに出来そうな125ccは有ります。【CG125】や既にカフェの【ACE125】とか。

↑CG125

↑ドリー・・・ACE125


では何故人はGNをカフェにしたがるのか?と言うと


安いからです。


ただ安いからです。


ただ単純に安いからなのです。その分、他のパーツにお金を回せるのです。


ちなみに私は自賠責3年分込み154,610円で購入してます。恐らくカスタム費用は本体価格を超えてると思います。それでも保険料や登録料、整備費等々を除けば20万強ぐらいで今の状態に出来るということです。弄る楽しみはプライスレス。


カフェに向いていないけどカフェにしたいバイク、それがGN125 というバイクなのです。


・・・別にカフェレーサーじゃなくてもいいんだけどね。


次回からはカスタムの話。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。