BOB’s Cosplay Cafe

2台のGN125Hをカフェレーサー&ボバーにすべく日々カスタムに勤しむ人が運営するブログ。

GNと備忘録③(ビキニカウル編)

カフェレーサーと言えばセパハン、バックステップ、シングルシートが3種の神器です。


では、4種目の神器と言えば・・・


そう【ビキニカウル】や【ロケットカウル】です。


・・・とは言ってみたもののカフェレーサーは【ビキニカウル無し】が本来あるべき姿らしいです。カフェレーサーのモットーである【如何に速く、如何にカッコ良く】を追求した結果、空気抵抗を減らし、かつ美観を損なわないために生み出されたのが【ロケットカウル】や【ビキニカウル】なのです。いや、よく知らんけど多分そんな感じ・・・。


ただしGNは所詮125ccなので【如何に速く】などと間違っても口にする事は許されません。そもそも空気抵抗を気にする程スピードは出ません。では何故、私はGNにビキニカウルつけているのかというと・・・


ただの好みです。私の頭の中のカフェレーサーはビキニカウルなのです。


GN倶楽部の全国ミーティングに参加した際はカフェ仕様のGNはベーツライトやロングライト派が多く、ビキニカウル派は私を含め2人だったと思います。


確かにビキニカウルが無い方がスタイリッシュでセクシーです。

↑スタイリッシュ&セクスィーな面々。


一方、私のGNはどうにも【芋っこい】感じがします。尖ったナイフ感が有りません。

↑上の方々と一緒に走ろうものならこう言われる事必至。いや、ご一緒させていただいた事ありますが・・・


それでも構わんですたい。自分はオールドクラシックなカフェを目指してますんで。


前置きが長くなりましたが、備忘録です。


当初、ヤフオクでポチった【ミニロケットカウル】なる物を付けていました。これが最初からひん曲がってて【見たらわかる、安いやつやん】でした。

↑汎用との事でしたが当然、ポン付けとはいかず、ウインカーの逃げや干渉部を切ったり削ったりとなかなか大変な作業でした。しかも最初から左右でアンシンメトリー。


ただ【ミニ】ロケットカウルとは言え、GNには大きく職場の人からバランスがイマイチと言われたのでビキニカウルに変更。上の写真だと悪くないような気がしますが実際は頭デッカチです。


やっと本題。ただし取り付け時の写真が有りません。

↑付けたのはコレ。ヤフオクで7500円也(写真の色無しだともっと安い)。サイズはピッタリ。純正のヘッドライトステーに4箇所穴を開けて止めて有ります。

↑ステーにある穴に合わせドリルで穴あけ。一応見た目よろしく袋ナットで止めて有ります。錆びだらけですが・・・。またヘッドライトステーが短いのでホームセンターで買った金具で延長しています。素材はステンレス。ユニクロだと安っぽくります。


↑ヘッドライトとカウルが接触する部分にU字のスポンジで保護しています。保護しつつ僅かに空いた隙間も埋められて一石二鳥。


↑メーター類も綺麗に収まってます。


↑ロケットカウルと違いGNにはちょうど良いサイズではないでしょうか?モノもしっかりしている。歪みもない。そして何よりビキニカウルとしては破格のお値段。


取り付けも簡単なのでビキニ派の皆さん、如何でしょうか?スク水派の人も是非。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。